忍者ブログ

1人で楽しく快適節約生活。家事、お金、健康、時間・・いろんなところでエコな毎日。便利グッズ&100均グッズ情報多し!

   
よ~いドン!サンデー「お米マイスター西島さんのおいしいお米の炊き方」 2015年10月11日
関西テレビ「よーいドン!サンデー」の中のやすよともこさんのコーナー「すっきり♪お悩みウーマン」で、五つ星お米マイスターの西島豊造さんによるおいしいお米の炊き方をやっていたのでここでも紹介します。

私の近くでも稲刈りが盛んに行なわれるようになりました。
秋の新米!たとえ安いお米を買ったとしても、おいしい炊き方でグッとおいしく食べられれば嬉しいこと極まりないですよね。
お米は日本人の主食ですから。

【お米は布団圧縮袋で保存しておいしさアップ!】
真空でお米を冬眠させることで暑さ・湿気・臭いから守り常温保存が可能。
よく冷蔵庫で保温すると良いといいますが、この方法だと冷蔵庫に入れなくてもよくなります。
虫がつく心配もありません。

①買ってきた米袋にフォークなどで穴を開ける。
②米袋のまま布団圧縮袋に入れて空気を吸い出して真空状態にする。

↓ 100円ショップなどで売っている圧縮袋で充分ではないでしょうか。

圧縮袋 60×90cm

価格:108円
(2015/10/12 時点)


高温で保存するとお米の呼吸が増え、お米が疲れるので味が劣化していきます。


【プロが教える!おいしいお米の炊き方】
①キレイな水を入れて軽くかき混ぜ、お米がしずんだらすぐに水を捨てる。(10秒以内)
最初の水はお米が吸おうとするので、浄水器の水やミネラルウォーターなどきれいな水を使用します。
②水道水を入れて同じことをする。
③水がない状態でボールを握るように指を広げ、お米同士の摩擦で研ぐ。
一定のリズムでシャカシャカ音がするように20回研ぐ。
④出た研ぎ汁を水で薄めて捨てるを2回繰り返す。
⑤水がない状態で一定のリズムでシャカシャカ音がするように10回研ぐ。
⑥出た研ぎ汁を水で薄めて捨てるを2回繰り返す。

これで水を入れてお米を炊くことができます。
今や精米技術が高いので、研ぎすぎはお米の表面が荒れるのでNGです。
この研ぎ方は新米でも古いお米でも同じです。

最初と最後の水はミネラルウォーターなどキレイな水を使うと、お米が甘く柔らかくなるそうですよ。

【あす楽】【送料無料】ナチュラルミネラルウオーター
剣山の天然水スタンドパック2L×12袋(2ケース)

価格:2,270円
(2015/10/12 時点)
感想(629件)


浸水は新米でも古米でも2時間で吸水100%になるそうです。
ですが炊飯器によっては浸水時間の必要のない物のあるので、取扱説明書を確認しましょう。

入れる水の量は絶対正確に!
氷を入れるのは水の量が変わってしまうのでやってはいけません。

ザル研ぎも一升以上の量のお米を研ぐ際にすることで、家庭ではする必要はありません。

蒸らし時間も昔は必要でしたが、今は蒸らし時間が終わってから炊飯器のお米が炊けた音が鳴るようになっているので、すぐに蓋をあけてほぐしてやることが大切です。


【再精米で古いお米を復活!】
再精米とは古くなったお米を復活させる裏ワザです。

①ザルに乾いた状態のお米を入れ、ザルの編み目に擦りつけるイメージで、水には濡らさず70回程度かき回す。
ザラザラと音がするくらいの強さとスピードでかき回す。
こうすると表面の酸化した部分を取ることができます。


今年は天候がおかしかったので、柔らかめのお米が多いそうです。
新米の柔らかさが苦手ならば、古米を3割程度混ぜると米粒感が出てきて味は新米になるそうです。
いわゆるブレンド米ってものですね。

↓ お家で簡単精米!食べる分だけできるので新鮮さが保てます。

SATAKE/サタケ 【特価品】RSKM5D
キッチン用精米機 マジックミル
【プロ仕様専門メーカー】【精米機世界企業】
【胚芽米】【玄米】【精米】【白米再精米】

価格:19,600円
(2015/10/12 時点)



とってもお米のことで勉強になりました。
何気に邪魔くさいように研いでいたお米をもっとちゃんと研ごうとおもいます!!




人気ブログランキングへ
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
オススメ広告
ブログ内検索
プロフィール
HN:
エコライフ子
性別:
女性
自己紹介:
ひとりでも楽しく過ごしていけるもん!
P R
忍者カウンター
Copyright ©  -- おひとりさまの楽しいエコライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]