忍者ブログ

1人で楽しく快適節約生活。家事、お金、健康、時間・・いろんなところでエコな毎日。便利グッズ&100均グッズ情報多し!

   
実は夏よりも冬のが高い!水道光熱費の節約方法
電気代などよく夏になると電力会社から「節電」の呼びかけがあったり、クーラーの使用など、夏の水道光熱費は高くなるイメージはあります。

ですが、総務省に調べによると、なんと夏よりも冬の方が水道光熱費が1万円も高くなるということが発表されました。

◎平成25年総務省発表「家計調査」
2人以上世帯の水道光熱費平均

7月 18954円   8月 20449円
1月 29774円   2月 30206円

1万円はとても大きいですよね。
ですが冬の方が夏よりも水道光熱費の節約がしやすいのです。

節約方法
①暖房費の節約
なんと冷房よりも暖房費の方が節約できます。
夏の暑さはどうにもしのぎようがない場合がありますが、冬はうまく着こんで厚着することにより、暖房器具を使わないようにすることができます。
ヒートテックなどの発熱素材を使った薄手の下着などもありますから、そういったものを身に着けるようにすると良いですね。


②鍋などの煮込み料理の作り方
寒い冬の夜には体を温めてくれる鍋やスープ類などの煮込み料理を食べる機会が増えます。
ですがそれらは作る際に加熱時間が長くなるということがあります。
それによってガス代やIHだと電気代が上がってきます。
保温調理鍋や余熱調理のための鍋カバーや圧力鍋の使用、電子レンジの使用をうまく取り入れてみましょう。

ビストロ先生 保温カバー 鍋カバー

価格:2,916円
(2015/8/24 時点)


たくさん作っておいて冷凍しておけばレンジでチンするだけで食べられるので、作る手間と時間、光熱費の節約になりますよ。

③風呂の追い炊きを避ける
夏だとシャワーだけということができますが、寒い冬は湯船に浸かって体を温めたいと思うものです。
気温が低いぶん、お湯の温度も冷めやすく、追い炊きをする回数も増えてきます。
そうならない為には、家族それぞれができるだけ続けてお風呂に入るようにすると良いでしょう。
そしてお風呂から出るときには、必ず風呂のフタを閉めること。
他にも、銀色のアルミシートなどの保温シートを湯船に浮かべることで、お湯を冷めにくくします。
ガス給湯器の場合は、追い炊き機能を使わずに、熱いお湯を足す方が節約になる場合があります。
保温シートは100円ショップでも購入することができますよ。

1人暮らしの方は沸いたらサッと入ってしまうことです。
そしてお湯をできればすぐに流して、一緒に掃除をしてしまうと一石二鳥であとあと楽チンですよ。


節約のコツは、夏と冬を比べてみて、費用のかかっているところをうまく調整することです。
そこをうまく節約することが出来れば、水道光熱費を安くすることができるかもしれませんね。



人気ブログランキングへ
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
オススメ広告
ブログ内検索
プロフィール
HN:
エコライフ子
性別:
女性
自己紹介:
ひとりでも楽しく過ごしていけるもん!
P R
忍者カウンター
Copyright ©  -- おひとりさまの楽しいエコライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]