忍者ブログ

1人で楽しく快適節約生活。家事、お金、健康、時間・・いろんなところでエコな毎日。便利グッズ&100均グッズ情報多し!

   
頭痛・めまい・喘息も・・秋の「気象病」に要注意!
関西テレビの夕方の生番組「ゆうがたLIVEワンダー」で「気象病」について取り上げられていました。

気象病というのは、天気の変化によって体調が悪くなることを言います。
例えば、雨の日には膝などの関節が痛むとか、台風が近づいてきたら首や肩が痛くなる、季節の変わり目は気分が沈むなどといった症状があげられます。

私もまさしく気象病で、天気が悪くなる前日などは首が痛くなったり、頭痛がしたりします。

日本人の6割の人も体調に変化があることを実感しているとあるアンケートでも答えていたそうで、特に男性よりも女性の方が気圧変化に弱いことが分かりました。
女性はホルモンバランスの関係で気圧の変化に敏感なのではないかと研究されているそうです。

気象病で主に起こりやすいのは頭痛ですが、中には心筋梗塞や脳梗塞、メニエール病を引き起こすこともあるそうです。
持病で喘息を持っている方は悪化してしまう恐れも。


【秋の気象病から身を守るためには?】
基本的には体をリラックスさせることが大切です。

◎シャワーを浴びるのではなく、湯船にゆっくり浸かる。
(喘息や自律神経失調症の方は、お風呂は短めに入るようにしましょう。)
(リラックスのしすぎは悪化する原因にもなりかねません。)

◎市販の酔い止め薬を飲む。
(気圧が変化する前に飲んでおくと、頭痛や関節痛など痛みを伴う気象病に効果があるという研究結果もあるそうです。)


【気象病予防体操】
自律神経を整えることが基本になります。

耳まわり・首まわりのストレッチ、ツボ押しで気象病の予防になります。
①耳の後ろから首にかけて手で押さえ、ひじを前に10回、後ろに10回まわしながら押す。

胸、肩甲骨まわりのツボを蒸気と同じように押さえて、前後に10回ずつ刺激するのも有効です。


【気象病から身を守る天気予報の見方】
この時期の気象病は秋によく見られる気圧配置が影響しています。

低気圧の東側は急に気圧が下がるので、頭痛が起こりやすくなります。
という事は低気圧が近づいてくると偏頭痛などが起こりやすくなるということですね。

低気圧の後ろ側(西側)は急に冷たい空気が入ってきて気温が下がります。
そうなると喘息の患者さんが発作を起こしやすくなると言われています。



これが分かっていれば先にケアすることが出来るかもしれませんね。
私は首の痛みや頭痛などの症状が出ますので、前もって酔い止め薬を飲んでおけばよいということになります。
勉強になりました( ..)φメモメモ

↓ もっと詳しく知りたい方はこちら

その痛みやモヤモヤは
「気象病」が原因だった

新品価格
¥1,382から
(2015/9/2 時点)


天気痛を治せば、
頭痛、めまい、ストレスがなくなる!

新品価格
¥1,404から
(2016/7/2 時点)




●関連記事
NHKあさイチ「天気で健康予報?」気象病について





人気ブログランキングへ
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
オススメ広告
ブログ内検索
プロフィール
HN:
エコライフ子
性別:
女性
自己紹介:
ひとりでも楽しく過ごしていけるもん!
P R
忍者カウンター
Copyright ©  -- おひとりさまの楽しいエコライフ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]